たくさんブログがある中、ここへ遊びにきてくれて
本当に有難うございます♪ この偶然に感謝!
2016年8月に再びNYに戻ってきました〜。現在長女と発達障害がある息子とEastchester で生活中!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

タック!タック!【コペンハーゲン・デンマーク】


え〜逆光写真でごめんなさいっ!
もっといい写真をとろうかとも勿論思ったのですが、彼女の前では
そんな気もなくなってしまいました。
世界一、人をがっくりさせる人魚。
そう、今日はデンマークの名所「人魚の像」をご紹介!

もともと行く前からネットである程度見てたんですけど、どのHP
見ても「世界三大がっくり」にこれはランクインされてるなんて
かいてあったんですよ。
そんながっくりするのか〜と思って、一時デンマーク行きも考え
ちゃったんですけど、なんていうんですかね〜。その言葉が信じら
れないっていうか、怖いものみたさ的なものでね。
言われれば言われるほど、やる気でてきた!
そんな感じだったんですよ。

で、当日。
旦那は例の歯痛で半死。というか、瀕死?
でもせっかく来たんだからと、途中休憩を何度もいれ、私もあと
もう少しだよっ!なんてスポコンにでてくる女子マネばりに馬鹿
みたいに励ましてやってのご到着。
その日がまた馬鹿みたいに暑くってですね。
人だかりが見えたときはもうほんと感動でしたよっ!いや、まじで。
ついたよ、やっとついたよ〜!なんて、またしても馬鹿ゼリフを
旦那にうっかりかけてありえないテンションでその人だかりに
近づいた私。

で、感想。


はぁ〜???????



名所つかまえて、この感想でほんと失礼なんですけど、
ほんと正直辛かった。
しばしボーゼン。
で、振り向いたら、旦那は道端にへたってました〜。
しかも、顔は怒ってま・し・た☆
おいおい、私へ怒りの矛先を向けるのはやめてくれぇ〜!!
私のせいじゃないさっ。
あの罪な人魚のせいなのさっ〜。

この魅惑の人魚さま。
もともとはバレエ「人魚姫」がベースにあるとか。
ちなみに人魚のモデルは、その当時王立劇場で演じていた
プリマドンナらしいんですけど、だからなんですかね〜?
小さいのは。なんせ、全長は80cmですから!
やっぱ小さすぎだよっ!!
ま〜いいんですよ。小さくっても。でも、小さいなら極端に
小さいとか、なんか特徴がずばり欲しいっ!
わがままいうようですが、ほんと普通だったんですよ。
言われなかったら普通に通り過ぎてるくらいですもん。

とはいえ、この人魚。
最近もありましたけど、今まで何度となく災難にあっており、
ほんとお気の毒。なんせ首を2回おられ、腕も1回もられ、
あげくのはてに爆破ですっ!!
いまどきベタベタコントだって、爆破はないですよね〜。
なんにしても、不死身の人魚。
やっぱり有難いものだったのか?!
でも、怒りのあまり頭をはたきたくなったのも
ちょっと事実なんですけどね・・

さてさて。
長くひっぱってた北欧ルポ?もこれにて終了!
長くお付き合いくださった方、どうも有難うございました〜〜☆
そうそう。
北欧はそれぞれ自国語をもってるんですけど、どこでも英語が
通じるためついつい英語を使ってしまい自国語を学ぶことがあり
ませんでした。今考えるととっても残念、かつ失礼なことをした
な〜と反省しています。
でも、唯一覚えた言葉があります。
それは、

タック!!!!

「ありがとう」という意味です。
スペルは多少違いましたが、3国発音は共通のよう(ちょっと違う
かもしれないけど)「タック、タック」と繰り返して私たちは言って
ましたが、なんだかとっても暖かい言葉で私はとっても気にいっ
ています。
なんせ、ラフィーが男子だったら名前を「タック」にしようと思って
たくらいなので☆
というわけで、今まで読んでくださった皆さ〜〜ん。
たっく たっく!!!
四痛【コペンハーゲン・デンマーク】
もともと王宮として使用されていたそうですが、
現在は女王の謁見の間として、そして、国会議事堂として使われ
ているクリスチャンスボー城
ここの国会議事堂の正面玄関、
かなり面白いものが掲げられてました〜☆
その名も

「四痛」!!!!

いや〜文字を見るだけで顔をしかめたくなりますね〜ほんと。
ここには「四痛」を実際に表現した彫刻がかかげてあるんですよ〜。
で、実際四痛ってなんだって話ですけどね。
まずは左からご紹介。



耳が痛い、頭が痛い。
うん。これは確かに痛いね。

そして、



胃が痛い、そして一番右!!
そう!



歯が痛い!!!


これってもともと国会議員へ「元気で働くように」っていう
警告なんですって☆
ってね。
なんでもっと早く警告してくれなかったんですかっ!!!

おかげで旦那は・・





歯痛で廃人同然
ですからっ!!!


ちっ。
ストロイエ【コペンハーゲン・デンマーク】


北欧はどこでも大きな町は素敵なインテリアにあふれてて、
ほんとそぞろ歩きが実に楽しかった。もともと北欧の色づかい
とかって、インテリア一つとっても私好み☆
デザインもなかなか暖かいみがあるので、
ずっと心奪われまくりでした。
さてさて今日紹介は、コペンハーゲン最大であろう
ショッピング通り「ストロイエ通り」
上の写真を見て頂ければ、その賑わいぶりはわかっていただ
けると思いますが、週末はストリートに大道芸人さんもでてき
てくれるようで、すごい盛上がりでした!

このストロイエ通り。
定番ショップが多かったんですけど、それでも充分楽しいっ!
ショップ一つ入ってもいろんな個性的な小物とかが見れるし、
いいんです。これが♪
これ、そぞろ歩きで見つけた、牛ちゃんたち。



きっと1個買うだけじゃ、うーん。って感じだろうけど、
こんなたくさんいたら、そりゃ楽しいだろ☆

そういえば、池袋西武にもあるイルムス館。
この通りにも北欧代表ですから、しっかりとでっかい
店舗をかまえてましたけど、いや〜池袋より数段楽し
かったです♪そりゃそうか。
階数自体はそんな思ったよりなかったですけど、フロアところ
狭しと小物からファニチャーにいたるまでご用意。
素敵な椅子やソファがたくさんあって、これ日本のイルムス
にもあるんじゃん?なんて思いながら、そりゃ北欧マジックって
ことで座りごこちを楽しんでしまいました〜
いったいいくつ試したんだろ。
きっと買う気満々に見られただろうな〜

さらに楽しんじゃったのは照明器具☆



アメリカって間接照明全開じゃないですか?あんまりこういうむき
出しアイテムってお見かけしないんですよね〜。
って実際あったらあったで、それは使い心地悪そうなんですけどね。
でもこういうのが普通に飾られてるのがいいじゃないですか!
中西部あたりのデパートにはまずこんな遊び心をもった
インテリアはありませんからっ☆
ちょっと心、和みました〜。




ちなみにこのイルムスに併設されてるロイコペのティールーム。
小さな窓がいくつかティールームにあるんですけど、そこから見る
青い空がまたすごい綺麗でね。
紅茶やドルチェがさらにうまく感じちゃいますっ♪
いや〜すっかりマダム気分にひたれちゃいま・し・た☆
快適生活☆【デンマーク・ストックホルム】
物価がものすごくたけぇ〜って言ってみたものの、
それをさしひいてもやっぱり素敵だな〜と思わずには
いられなかった、ここストックホルム。
っていっても、あんまり見れてないんですけどね。


コンゲンス・ニュートーゥ(王様の新広場)の写真。


そして、この広場の近くにある「ニューハウン」の写真☆

ニューハウンは、運河にそってご覧の通りのカラフルな木造家屋
が並んでいます。昔は居酒屋街だったみたいだけど、今はオシャレ
なカフェやレストランが多くってまた素敵でした!
他にもこの近くにはストロイエという有名なショッピングストリート
があるので、そこはさらにすごい賑わいぶりっ。
いや〜恐れ入りましたっ♪
他にもこの周辺にはローゼンボー公園とかもあり、
ノンビリスポットも満載♪
私らも歯痛の旦那の休憩のため、ローゼンボー公園の芝生でのん
びり休憩させてもらったんですけど、いや〜実に気持ちが良かった。

そうそう。
北欧では結構メジャードリンクが「ペリエ」
え〜え〜。炭酸水です☆
最初抵抗があったんですけど、あまりにお水コーナーの大半が
これが占めてるので飲みつづけていたら、結構ハマリました。
アメリカじゃあんまりメジャーがないし、ちょっと高いからね〜。
旦那はヌルクなったら飲めないって言ってたけど、私は全然OK。
なんかうーん。コントレックスの味って感じ☆
是非あちらにいったら、いろんな味をお楽しみ下さい☆
コペンハーゲン【デンマーク】
なんていうんですかね〜。
あんまり人のせいにはしたくないんですけど、やっぱりね。うん。

旦那のせいですっ!!!

旦那の歯痛のせいですっ!!!

この旅が後半尻つぼみだったのは・・
ま〜そんなわけで、
残念ながらスウェーデン報告は昨日のアイスバーにて終了。
そして、今日からデンマークをご紹介したいと思いま〜す!
って元気よく言いたいところですが、やっぱり歯痛でね。。
あいつの歯痛でね。。
首都コペンハーゲンしか見れませんでした〜。
なんで、また数日シケシケ旅報告になるかもです。ごめんなさい。

ところで、コペンハーゲンって思っていた以上に住みやそうそう
な町なのでちょっと感動☆
無料自転車とかもあるんですけど、実にのってても気持ちいいし、
お店もすごい活気があるし、なによりもオシャレな感じが町にあ
ふれてて素敵でした〜。
って、たんなる現実逃避でそう感じただけかもしれませんけどね。

で、アメリエンボー宮殿の正面にある「フレデリクス教会」



うーん。実にまぶしいぃ・・
なんでもこれ、大理石でできてるらしいですよ。奥さん。
たまりませんなっ〜。(なんでだよって感じですけど)
ところで、この通りには結構アンティークのショップや
かわいい小物屋さんとかもあってなかなか見てて
おもしろかったです。
え〜え〜。ほんと見るだけです。
そういえば、特筆してませんでしたが、
北欧はほ〜んと物価が高い。
ホテルにしても、食事にしてもものすごいいい値がする
のでびっくりしました。
東京並み?以上??
憧れの地、北欧はやっぱり金がかかるってことで。
やっぱ、世の中金か〜。
アイスホテル【ストックホルム・スウェーデン】
世界で一番客の回転率がいいバーをご存知ですか?
私は絶対ここだと思っています。
ストックホルムNordic Sea Hotelにある
「ABSOLUTE ICEBAR」





さっそく入ってみましょう!






思わず、南極物語のケンさんになっちゃいました〜〜。
えぇ。えぇ。
そこはもう一面氷の世界☆☆
もうね、もうその名の通り、室内全て「氷」でできてましたぁ〜!!

カウンターはもちろん♪




グラスやテーブルもこの通り♪♪





カウンターから、内装に使われてる柱にいたるまですべてが氷。

で、当然ですけど。


さみぃ〜!!!!!!


思わずケンさんになれる素敵な防寒具は当然レンタルなん
ですけど、(って、この防寒具有料です。拒んだらどうなるん
だろっ)はっきりいって、寒くってずっとなんかいられません。
なんせ外は真夏ですからね。基本的に軽装だし。
酒のんだところで、グラスも氷だから寒いんですよ。
で、一杯でほぼみなさん退散。
うーん。ほんと客回転速すぎ。
いい商売だよ。ある意味ね。

で、このバー。
じつは、夏季限定です。
なんでかって、

本家アイスホテルがあるからなんですっ!!

毎年冬季限定で北極圏、ラップランド地方に
開業されてるからなんですね〜。
なんでも世界初だとか。そりゃ、そうだよって感じ。
もちろん、そのホテル。

おーるこおり☆

らしいで・す・よ♪
氷のベットに、氷の暖炉(すごいっ!)☆
まさか店員さんも氷の微笑?
わかんないけど。
まぁ。ご興味がある方は是非行ってくれとはいいませんけど、
HPをご覧下さいませ♪
とっても人気があるらしいです。
私も金と時間があったら行ってみた〜い。
でも腰痛になりそうだな。

ICE HOTEL:www.icehotel.com
日本問い合わせ先:www.northern-express.co.jp
-----
宮殿って癒し♪【ストックホルム・スウェーデン】
さてさて、水に囲まれたこのストックホルム。
やっぱりフェリーに乗ってその良さを満喫したいもんですよね〜。
ということで、以前紹介した市庁舎近くのフェリー乗り場から出〜発!

で、ついたところは、ここ「ドロットニングホルム宮殿」



ここは、以前ストックホルムにいた友達のお薦めスポットでも
あったもんで是非行って見たかったんですよね〜。
この宮殿、綺麗ですよね〜
実は昨日紹介した旧市街(ガラム・スタン)から引っ越された
国王様が現在もお住まいの場所なのです。
そりゃ、整備されてるはずだわっ。
それにしてもですね。
お子様への環境なんかを考えて、国王ご一行はこちらに引っ越
されたとのことなんですけど、そんなこと許されるのってほんと
すごいですよね。日本で皇室の方とかが子供の環境が・・とか
言って、皇居からいきなり西国分寺くんだりで暮らすことなんて
絶対ありえませんよね。
っていうか、なんで西国分寺なんだって話でもあるんですけど。

ま〜それはおいておいても、このドロットニングホルム宮殿♪
ほんと国王が暮らしてるとは思えないような、やさしい心穏
やかな警備ぶり。
とにかくの〜んびりって感じの雰囲気で、近くにはカフェとかも
あってほんと素敵な公園って感じでした。
で、私もす〜〜かりのんびり。
ちょっと地元の方をまねして、ベンチで日焼けなんか楽しん
じゃいま・し・た☆

で、旦那はというとですね・・






まわってますからっ!!!!


国王の前でまわるなと。
国王の前ではしゃぐなと。
キャラクターダンサーになるなと。
ついでにいうなら、
歯痛になるなと。(→まだ根にもってますからっ!!)
ガムラ・スタン【ストックホルム・スウェーデン】
多くの島から構成されてるストックホルムですが、
その島の一つがここ旧市街(ガラム・スタン)と呼ばれてるエリア。



もともとは城壁が作られていて、その中で人々が暮らしてたとか。
なのでこのエリアには歴史ある建物が多く、中世ヨーロッパの匂い
が漂って実に素敵です。
実際最近までここには王宮があり王室の方々住まれていたとか。

上の写真はガラム・スタンにある大聖堂
ストックホルム最古の教会だとか。
この周辺は写真でもわかるとおり、色とりどりのかわいい小さな
お店やカフェがひしめいていて、そぞろ歩きもなかなか楽しい♪

そして、そして、
こちらはこの大聖堂の近くにある「大広場」と呼ばれるところ。



昔、「ストックホルムの血浴」と呼ばれる大処刑があったところ
だとか。でも、ま〜当り前だけど、実際言ってみたらそんな
血みどろな部分なんて全然なくって(あったら、それはそれで
困るけど・・)、アイスとかガンガン皆なのんびり食べてるとって
も居心地のよい場所でした〜♪
それにしても北欧は独特の色使いが特徴ですが、本当に
壁の色が綺麗!やっぱ塗る時は相談するのか??とか思って
しまったくらい、じつに調和がとれてるっ!!
一人センスがなくって浮いてるやつとかいないのかな〜。
ほんと絶対日本だったら、いるって!!!
ありえない色使いとか調子にのってするやつ。
紹介したいけど【ストックホルム・スウェーデン】
今日からノルウェーのお隣スウェーデンをご紹介♪
ご紹介って言ったってですね。
残念ながらここの滞在時間は相当短かかった〜。
というか、正確にいうとですね。滞在時間はあったんですよ。
でも、見物時間が少なかったんですよ。

旦那の歯痛のせいで・ねっ!!!

よりによって、この異国の地でっ!!
高いお金払ってわざわざ来たのにですよっ!!!
まっ〜たくなってません。
それがま〜たただの歯痛ではなくってですね。
まじでホテルで寝っぱなし。
で、私は食料の買出しのみ。なんじゃこりゃっていう事態でした。
なんでスウェーデンまで来て、カップラーメン食わないといけな
いのかってことですよ。こんなもん、家でも食べれるって。
でも、すすれるもんじゃないと食べれないとかぬかすわけですよ。
ストックホルムまで来ておいてですよっ!
あ〜思い出しても、最悪。

ま、それはおいておいてね。まだ旦那が元気だった頃にみた
首都ストックホルムを今日はご紹介☆
ここストックホルム、さすが水の都と言われてるだけあって、
多くの群島と水にかこまれたとっても美しい町でした。
多くの人がヨットで遊んだり、水際で日光浴を楽しんだりと、
とっても見てて気持ちがいいっ!!
なんせ日光浴してる人に中西部のようなおデブちゃんがい・な・い☆
これ、最高っ♪♪
実に見てて、爽やかでした〜。暑苦しくないしね!



で、上の写真は、「市庁舎」
市庁舎っていっても、そこらの市庁舎とはわけがちがいます!
ここはノーベル賞の受賞祝賀会とかが開かれるところなんですよ。
まさに研究者には憧れの場所??
中も見れるんですが、豪華絢爛の装飾がされていてなかなか
見所アリまくりですよ〜♪
キャンギャル?【ノルウェー??】
ノルウェーでとってもよく出会った子といったら、この子☆



アイスメーカーのキャンギャル?だと思うんだけど、
と〜にかく良く見かけました!
たぶん、ノルウェー以外の国でも見たかも。
ま〜それくらい、もうどこにでもいるって感じ。

で、このキャンギャルちゃん。
ほんとよ〜く見ると、

ひじょぉ〜〜に
びみょぉ〜なお顔ですよね。


なんていうか、小林幸子の娘っていっても納得みたいな。
でも、なんですかね〜。
何回も見てるうちに、
かわいく見えてきちゃったりするんですよっ!怖いことにっ☆
おいおいっ、アイスが巨大すぎだろっていうツッコミももろともせず、
かわいく見えてきちゃったりするんですよっ!!
ここは今、冬季オリンピック中なの?みたいなツッコミももろとも
せず、かわいく見えてきちゃったりするんですよっ!!
しまいには一緒に記念写真とりたくなるくらい、
愛しはじめちゃったりするんですよっ!!

うーん。

愛って不・思・議っ♪


おかげで、アイスたくさん食べちゃいました☆えへっ。