たくさんブログがある中、ここへ遊びにきてくれて
本当に有難うございます♪ この偶然に感謝!
2016年8月に再びNYに戻ってきました〜。現在長女と発達障害がある息子とEastchester で生活中!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

呑みつかみ編【ニューオリンズ】
夜の顔をもつすごい街。
ニューオリンズ、Bourbon.st(バーボン通り)☆
昨日言ってた女の子たちがジャラッジャラ首から下げてるものは
こんなやつです。



これはお土産用にバスケのチームマークとか大学のマークいれ
てるもの。もちろん、選んだのは旦那ですから!!!!
あ。でも、こんなダサイのぶるさげてる女の子は絶対いませんの
で誤解なきよう。首のあたりはこんな感じなんですけど、もっとか
わいいやつがたくさんありますっ♪
あ〜でも、若い子がやればかわいいですが、おばちゃんがやる
と絶対危険な存在になりますので、こちらもあわせて使用上に
はご注意下さいっ☆

ところで、この中西部。(だけじゃない??)
アングラの学生とか、車のバックミラーにコレをぶるさげてるの
をよく見かけます。
うちはMBAなのに、ブル下げてるけどね・・
勿論他のMBAの皆様はそんなことしてませんので・・。
ま〜幸運が訪れるってことでやってると思うんですけど、
うちの街は田舎だし、学生街だからやってても恥ずかしさはない
んだけど、この間みたいに車で旅行とかしちゃうとかーなーり
恥ずかしいんですよね。
やっぱ都心じゃ、こんなの見かけないんですよっ。
自分たち、田舎もんで〜す☆って声を大にしていってる感じ。
って、田舎もんなんですけ・ど☆
応援してるチーム名を提示するのも時には危険かも。
うちの車でデトロイトに乗り込んだら、かなり危険なメにあいそう。

ところで、この危険な通り。
ハリケーンっていうお酒が結構人気で、街のいたるところでたっ
くさん売ってます♪まるでコンビニのスムージー状態。
ゴンゴン、カウンターの後ろでまわってて、飲んでもなんかお酒
って感じしないんですよ。
種類も色々あるのでひきこまれちゃいます。
おまけに視界には素人ちゃんの必要以上に大きい胸がいっぱ
いあるじゃないですか?
意識がそっちにいっちゃうんですよね。
で、調子の乗ってズーズー飲んでたこの私。

や・・やられましたっ!

気づかぬうちに、私もこの裏の顔にのみこまれちゃってたん
ですよ。見事、一本っ!!ヤワラちゃん級ですよ。これっ。
で、気づいた時にはすでに投げられてたこの私。
この魅惑のバーボンストリートでですね・・

祝!一人りばーす in U.S.A☆
まわりは盛上がってるのに、
道端孤独りばーす in U.S.A☆☆
呑まされてもいないのに、やったぜっ!
りばーす in U.S.A☆☆☆
 


見事、一本背負い返しっ!!!
お。。おそるべし!!
というわけで、裏の顔にはケア。

なお、郊外にはこ〜んなかわいいスワンプ(沼地)ツアーが
あります。スワンプツアーだっていうのに、ほぼ見るもんは
アリゲーターのみ。
あっちにもいます!こっちにもいます!!というツアコンの
指示で、右に左に大移動ですよ。
な、もんでスワンプ見るっていうより、
なんか仮称藤岡弘探検隊!(あ。あえて弘です)
わざとらしいシコミもないとねって感じです。
で、そのシコミがこれ。ツアコンがなんと船で育ててるミニ
アリゲーターちゃんです。



希望者はこの子を持って写真をとることができま〜す☆
これは結構楽しかった!
あ。もちろん、小心者の旦那は一回もさわらなかったけどね。
ま〜今回はパチリ役をちゃんとやってくれたので、よしっ。
遊び歩き編☆【ニューオリンズ・ルイジアナ州】
この魅惑の地。こんな食べ物がおいしいの〜程度で終わったら
たいした町ではありません。
恐ろしいのはここからです。
って、別にオカルトでないんですけどね。
このニューオリンズ。
じつは、

夜の顔があるんですよっ!!!!

こっ。こわいっ・・
素敵な絵とか売ってる骨董通りの裏に潜む、
その名もBourbon.st(バーボン通り)
ここはまじで夜はすごいことになってます。
夜っていっても、11時じゃまだまだ早いくらいですよ。

まずこの通り。ジャズやブルースであふれてます♪
かとおもえば、今どきクラブもがんがんあります。
なんていうんですかね。もう音楽のごった煮って感じなんですよ。
しかも、なんでか知りませんけど、この通り。アメリカ国内にも
かかわらず公道でのアルコールがOKみたいなんですね。
そんなもんで、みんなガブ飲み!!
みんな大騒ぎなので、通りを歩くのも大変なのです。
なんで大変かって??
酔っ払いがいるから??
違う。違う。あ。ある意味そうだけど。
正確にいうとね。
おっぱいみたい男どもや、見せまくりたい女の子が
路上や通り2Fのテラスにあふれてるか・ら☆

なんでかっていうとですね。
”マルディグラ”のせいなのです。
これ、もともとはカトリック教徒のお祭り。
(詳細は長いので省きます。もう宗教色薄くなってるみたいだし)。
ま〜そのお祭りでですね。
山車みたいなものがでてきて、その上から色々なモノがなげら
れるんですけど、それをキャッチすると幸運が訪れるって言わ
れてるみたいなんですよ。
で、なんで結果的にそうなっちゃったのかわからないんですけ
どね。現在ですよ。このマルディグラデー以外の日のこの通り
ですよ。女の人がですね。胸をば〜と惜しみなく見せるとですね。
男の人がですね。ネックレスみたいなオモチャをくれるんですよ。

なんで、たっくさん首からネックレスかけてる子はもうあらあら。
見せちゃったの?ってやつなわけで、この通りではかなりの
女王様級の扱いをうけています。
そんなわけで、見せたいやつ。見たいやつ。
ものすごい通りに待機しててですね。怖いくらいです。
目が血走ってますもん。おまえは違うのか??ぐっへっへ。
みたいな。どうかすると、女の子が胸を見せた瞬間、フラッシュ
のあらしですよ。
ここはキャンギャル撮影会か?!って感じ。
でも、ほんとこの素人ちゃんだしまくりってやつは凄いです☆
あっちもこっちも素人ちゃん生だし大会って感じですもん。
ジャネットジャクソン、こんなのに比べたらかわいいもんじゃん。
みたいな。そんな気さえしてしまいました。
ま〜自分の胸と比べてかなり圧倒された分、ひがみも入り、
ちょっとそんな女の子達に自分ひいちゃいましたけど、ふと
見たら、旦那の目は完全にいっちゃってました。
このニューオリンズの夜の顔にひきこまれちゃったんですよ。
で、我に返って、旦那一言☆

アメリカ、
さいこうぅ〜〜!!!


うなってました。
声高に。

そもそも、うちの旦那。忘れもしません。
MBA入学初日、家に帰ってきて、私が
「どうだった??」
って聞いたら、
「うん。みんなで学校の芝生に座ってランチしたんだけどさ。
前の女の子のパンツが見えててさ〜。すげ〜よかったっ」
です。
ほんと、生で見れてよかったね
ほんと、アメリカ最高だね。
もう私から贈れる言葉はありません。。。
食べ歩き編☆【ニューオリンズ・ルイジアナ州】



今週の水曜日はマルディグラってことで、
今日はニューオリンズの紹介なんぞ。
ほんとは犬トークも展開したいところだけどね。
なんせ露出は押さえ気味にしてるもんで☆

まずは場所の確認から☆赤マークいれてあるところが
ニューオリンズです。



以前私の中で相当のダメージをくらい、夫に激怒した事件が
発生したタバスコ工場があったのも同じルイジアナ州。
この地はあの悪夢の地よりさらに南下したところ。
私ははっきり宣言しますが、
ここニューオリンズがアメリカの中で一番気軽においしいもの
が食べれる地だと思ってます!!
アメリカ全部いったわけではないからわかるわけないじゃんって
言われても、私はここが郷土料理的なものとしては、最高に
うまい料理を提供してくれてるところだと思ってますっ!!
(しつこいっ?)

だってね。だってね。
ニューオリンズにはオリジナル名物料理がいっぱいなんですよ。
ガンボスープ。ジャンバラヤ。クロウフィッシュ。キャットフィッシュ。
そして以前も紹介したエトゥフェ!
そして、そして、オイスター☆
生でも、焼きでもこれ、いけますっ!
そして、メインだけじゃない!デザートも充実☆
バナナフォスター。ブレッドプディング。
そしてあの有名なベニエっ!!
もうあげだしたらきりないです。
しかも、お店によって味がぜんぜん違ってるから、
すごい楽しめます。
こんなに胃もたれしないで楽しめた料理は初めて☆
ほんと感激でした〜。
あ。でも、注意ですが。日本からこられた場合はそこまで感動
ないかも。アメリカ在住、且つ普段つらいアメリカ料理に苦し
められている方限定で〜す。

この町、上の写真でみるようにちょっとディズニーランドちっく。
でも、ディズニーランドとは大違いっ!
町自体は相当小さいので簡単に歩きまわることができます。
通りには大道芸人さんんとか、絵描きさんとかもいてなかなか
楽しい☆しかも、フレンチクウォーター、チャーターズ通りの
骨董通りはなかなか色々素敵なものがあるので、ついつい立
ち止まっちゃいます。
私の場合、立ち止まるところか、絵を買っちゃったんだけどね。
ま。ものすごい誘惑ってことで☆
誘惑に弱い方は、はじめから小金だけしか持っていかない
ことをお薦めしま〜す♪

ちなみにベニエで朝から大人気の”cafe du Monde”
フレンチクウォーターのお店は朝から大行列ですが、ルイジ
アナスーパードームの前にあるニューオリンズセンターにも
お店があります。そちらはガラスキなので、朝から並ぶなら
散歩がてらここで食べて、その帰りにあのスーパードームを
見てもいいかも☆
米式温泉◆ホットスプリングス・アーカンソー州】
なんだか、最近シモ系に走りがちじゃない?なんて旦那に指摘
されてちょっと昨日は書く気失せました。でも、シモ系を書く気は
ないけどそういう出来事があるんですもん。
仕方なしってやつですよね〜。ってことで、気を取り直して続きです。

前回ちょっと(?)バスタブでもがいたこの私。その後またロールケ
ーキになって移動です。
今度は尻湯
尻湯ってわかります?
私、初めて経験したんですけど、なんていうんですかね〜。
便座に座ってみたら、うっかり便座がでかくってそのままお尻が
はまっちゃって、身動きとれなくって誰か助けて〜っていう、
あの形です。
まじで、これは相当恥ずかしい!
そのはまった状態で、アメ人にですね。
正面から陽気に「感じどう?いい??」なんて聞かれてもね。
確かにお尻はほどよい暖かさでいいけど、やっぱマッパですか
らね。おまけに便器にはまって身動きとれてないってやつです
からね。こっちは。おかーさんごめんなさいって言う懺悔の気
持ちすらでてきちゃうんですよ。
ましてや、人がたまに前を通るので、それまた恥ずかしい。
こんな時は胸がでかかったらまだ見栄え的にはよかったかし
ら?なんて、余計なことまで考えちゃいました。
まさに懺悔反省タイムって感じです。

その後はサウナ。
これもアメリカナイズ作品☆
なんですかね。でかい冷蔵庫の中身をぶちぬいて、個人大型
サウナにしちゃったって感じ。
マジックでよく人体切断みたいなのがあると思うんですけど、
あの時に使う箱を想像してもらえると正解です。
サウナが始まると、扉が閉められてですね。
顔だけが”こんにちは”って顔をだす感じになってるんですよ。
これまた恥ずかしい。なんか、バカじゃないですか?これじゃ。
マジックとかなら人の目線が集まりますけど、ここじゃだ〜れ
も見るわけでもなし。
それがまたバカっぽいんですよね。
で、ここで5分くらい入ってね〜とおばちゃん。
このこんにちは状態が5分間ってちょっとつらい。外が見えな
ければ、ま〜気がぬけるけど、なんせ丸見えですからね〜。
落ち着かないんですよね。

ところで、このおばちゃん。初めは近くの椅子に座っててくれ
てたんですけどね。3分くらいたった時ですかね〜。
同僚のおばちゃんがそのおばちゃんに話し掛けてきたんですよ。
そこでお互い暇だったのか、トーク大展開!自分が応援してる
たぶん地元の高校のバスケの話をし始めたんですね。
で、盛り上がる。盛り上がる♪
ものすごい大声で笑いあっちゃったりしてるんですよ。
アメリカ人は話が長い。というか、雑談大好き☆
一度始まるとなかなか終わりはないのです。

で、ここで言えることは・・やばいと。
自分、サウナに入ってると。
もう5分は過ぎてると。
私、サウナってもんにあんまり入り慣れてないので結構弱いん
ですよ。でも、あっちは盛り上がってるじゃないですか?
声かけずらいんですよね〜。
で、我慢。我慢。我慢。
もう結構ぐんにゃりです。
で、ついに20分経過。ほんとやばいですっ。
「え・・え・・Excuse Meぃぃぃ〜」
ついに勇気を出していってみました。
でもね。この大型冷蔵庫的サウナ。
声が中にこもっちゃってあんま聞こえないのですよ。(たぶん)
しかも、相手はバカ笑いしちゃってるし、まさに紅白エンディング
って感じ。もう世間はしらけてるのに、本人達大盛り上がりって
やつですよ。

どうしよう〜。
かなりあせってきた私。
ほんとつ・・つらいっ。このまま死んだらまさに恥。
マッパだし。しかも、ワキの毛脱毛まだ完了してないし。
絶対死ねないっ!
そう思ったら、すごい力がわいてきたんですよ。
で、あらん限りで叫びましたよ。

「He〜y! 
へ・へ・Help meぃ〜!!!」


たぶん、ありゃ声ひっくり返ってたな。きっと。
私の命全部吹き込んだ一言で、やっと気づいてくれたおばちゃん。
きっと忘れたことに気づいたんだろうね。
「Ohぉ〜」とか言ってあわてて走ってきてくれたんですよ。
私、もう汗だく(当然だけど)
顔も真っ赤。
そんな私のこんにちは状態を見てね。おばちゃんがさ。

「ふぅ!あやうくローストビーフになっちゃうところだった
わね☆がっはっは〜」

「・・・・」

こ・こ・・こいつぅ〜。
うっかり、私ともあろうものが顔にだしちゃいましたよ。
きっと目がいっちゃってたに違いない。
おばちゃん、あわてて

「あ。ごめんごめん。でも、充分今でもおいしそうよ」

だって。
”だって”っていうかさ。
ふぉろーになってねぇ〜。
でも、人間ふやけるとだめですね。
もうそれ以上の思考は無理。
で、その後冷たいシャワーあびてマッサージしてもらい
ました。でも、マッサージは意識がちょっと飛んでて
はっきり言って覚えてません。

というわけで、この湯治場。
私の中では、癒しというより、アメ人文化との戦いでした。
当分、勝てそうにはないけどね。
米式温泉 ホットスプリングス・アーカンソー州】

【写真は1912年から開業しているという歴史ある私の行った
バスハウス☆外見からは想像もつかないような伝統としきたり
を持っていらっしゃいます♪】

次にビルクリントンが高校までここで暮したという地で、
自分マッパになってきました♪
アメリカでマッパ☆
それはとっても大胆なこと。
下手したら訴えられて、一生頑張って働いても返せっこない
お金を突きつけられても仕方ないってやつです。
でも、この地ではできるのです。
なぜならここはホットスプリングスだ・か・ら♪

外はー5度。
温泉からの激しい湯気がまたいい感じで風景とマッチ。
いくら裸OKとはいえちょっと恥じらいも感じながら、私、
そっとバスタオルをとり、ゆっくり中に入ります。
あら。ちょうどいいお湯〜。肩まで浸かれば、ふぅ〜最高っ☆
あら。今夜は星がとってもきれいっ〜。
こんな夜は自分に乾杯♪

って、そんなわけありませんって!!
ここ、アメリカだもん。
アメリカ、なめちゃいけませんって!

確かに私も最初はこうイメージしてたんですよ。
でも、ここ違いました。
もともと湯治場だったってことで、あくまでも治癒目的な
健全施設。入ると、まず男女に分かれてロッカーへ。
ここで旦那とさようなら。
次会う時は笑顔であおうね。そうお互い誓いあいました。
システムの違いを知ったときから。

ロッカーにつくと、おばちゃんがさっそくマッパになんな〜って
言ってきます。
そんな乱暴なっ!
え〜え〜。脱ぎますよ。脱ぎますとも。こうなったら。
でもね。
そうはいっても、なんかじっと見られると恥ずかしいんですけど。
まして、後ろに仁王立ちされるとさ。個人的にはパンツ脱ぐときは
見られたくないかも。
でも、もじもじしてる少女的余裕なんてまったくおばちゃんは
私に与えてくれません。
背中から早くしろよっていう意志感じるもん。
で、素直にマッパ完了!
そしたら、すぐおばちゃんが後ろから白いものを肩からサッとか
けてくれます。あら。おばちゃん優しいじゃな〜い。って思って
その白いものを見たらですよ。これっ・・

でかいシーツっ!!

おばちゃん。。シーツでくるまるのはちょっと・・
これシルクとかでもないですよね?ザラザラするんですけど。
重いんですけど。。
しかも、このシーツでっかくって、なんだか自分、ロールケーキ
みたいなんですけど。
自分、おいしそうに見えてますかっ?
キハチのロールケーキになってますか??
自分、笑顔精一杯っす。

で、その後はカーテンで区切られたバスにつかってしばし
リラックス。バスはよくホテルにあるようなやつ。
あ。もちろんあんなにきれいなもんじゃない。
やっぱ、ここじゃきれいな星空のもと、湯に浸かるなんてこと
は夢なのね。がっくり〜。
とはいっても、このバス。一応フロ枕があってですね。
頭をそこにのっけて、ホルマリン漬けみたいに足伸ばした格好
でだら〜としてろって言われたんですよ。
イメージ、プリティーウーマンな感じ。
でもね。でもね。こっちのバスってデカイじゃないですか。
アメ人サイズじゃないですか。
なんで、自分・・

足が届かないんですよっ!!

ものすごいモガキましたよっ!
あやうく溺れかけましたよっ!
で、必死に足の親指、バスのふちにひっかけましたよっ!
でも、足、すぐブルブル震えてきちゃいましたから。
ま。プリティウーマンほど遠しって話ですよっ。

で、おばちゃん。
必死こいてもがいてる私にあきれたんだろうね。たぶん。
しょうがないわね〜とか言いながら、半笑いでやおら近くに
あった板を湯船に投下。
で、簡単な足場を作ってくれました。わ〜親切♪
ってさ。
親切にケチつけたくないけどね。
正直、この板・・汚いと思うんですよっ。
なんていうか、たぶん絶対これ、バスからでる時にのる
ものだと思うんですよっ。
水虫とかないのか??うぇ〜。
でもさ。悔しいけど文句言えないんですよ。
微笑んでるんですよ。自分。
やっぱ、自分の裸を上から眺められたら、文句いえませんって。
はむかえませんって。

というわけで、
自分、20分間このフロで仮称リラックスしてみました〜♪
終わった後、おばちゃんに「どう?良かった?」って聞かれた時、
もちろん「最高っ☆」って笑顔で言ってみた。
自分、ちっぽけな存在っす。

でもね。
ほんと、はむかえませんってぇ〜。何度も言いますけど。
なんせ、自分、裸ですから。
シーツとられたら、おしまいですからぁ。
自分じゃなくなりますからぁ〜。

で、長いので次に続く
ティファニーの輝き【リトルロック・アーカンソー州】

恐ろしいほどしつこいこの私の性格。
いいかげん皆様も根負けしてきてるのではないでしょうか。
世間のニーズなんてもんは私には単なる”風のささやき”に
すぎません。あ〜ささやき感じる。全身で☆
でも、負けない。負けないぞぉ〜。
そう。そんな自分が大好きっ♪
ってなわけで、前置き長かったけど、今日はアーカンソン州
の州都リトルロック
をご紹介☆
先日のテキサスより一つお隣、赤いマークしたところが
リトルロックです。
ここアーカンソン州は以前もちょっとふれましたが、
ビルクリントンのお膝元。彼はここで州知事時代を過ごした
のち、大統領となりました。ここアーカンソーはなんでも
全米で唯一ダイヤモンドが生産されてる州だとか。
そのわりには、ちょっと街がさびれてる感じでした。
き・・気のせい??



さてさて。
そんな街ですが、異様なほどダウンタウンで目立ってい
たのがこちら。
そう。”州議事堂”です。
DCの国会議事堂を模範にしたようですが、とにかくとっても
とってもう・い・て・る・ぞ☆
さらに怖いことに、存在自体も浮いてるのですが、もっと浮い
てるものがキラリ♪
見えますかね〜。
扉です。この扉っ!!!!!!
おっそろしく、光ってるのわかります??




さらに近づいてみましょう。




うぉ〜まぶしい。小市民には眩しいっ。
この扉。じつは、あ。。あ。。。あ。。。あの

て・て・・てファニーさまの作品
ですからぁ〜


残念っ!!!って残念じゃないや。
(そもそも、使い方あってる??)
なんでも現在価値約25万ドルあるとか。。
って、どうなの?アーカンソー。そのへんのとこ。。これ売って、
もっと他に還元したほうがいいんではないんかい?
ま。そんなわけで、こちら、まぶしすぎるお扉でございました!!
このまぶしさは、きっとNYのトランプタワーか、
10代の肌つやか・・というくらいです。
あ〜目が痛いっ。

ちなみに街にはクリントンさんゆかりのお店。他、彼の選挙
活動の売り込み具合がよくわかる場所が多々あります。
例えば、このまぶしい議事堂の近くにあったDoe’s Eat Place。
ステーキ屋さんでしたが、店内には彼の写真がいっぱい。
よくお店にきていたらしい。
彼が大好きだったステーキ・・・味は普通。量は異常。
市民のためなら一生懸命食べたんだろうなってことをとっても
伺えました。
タバスコ工場の悲劇【ラフィエット・ルイジアナ州】


さてさて。忘れちゃいけない旅行記。旅行記。
って、そ〜の〜ま〜え〜にぃ〜。
みなさま、お決まりですが、場所の確認です。
いえいえ。ラフィエットでなくって、
まずはインディアナIndianaの確認よろしくっ!!
その後、ラフィエットお願いします。え〜と、ルイジアナ州って
字とちょっと重なりぎみなんですけど、
赤いマークがしてあるところです☆

え〜。みなさま確認終わりましたでしょうか?
以前もいいましたが、インディアナを知ってて素敵な出会いがあった
という方があったとかなかったとか。世の中無駄な知識なんてなしっ!
なんせ、トリビアだって、海を渡ってきてるんですからね。馬鹿にして
はいけませんって。

で、続きですっ。ようやく。
え〜。この土地ですね。予定では素敵な思い出の地になるはず
だったんだけどね〜。申し訳ないんですけど私の中では食で救
われた土地でありました。
なんでかってね。
別にラフィエットは悪くないんですよ。以前も書きましたが、ここは
フランス移民が多いため、この街の標識はほとんどすべて英語と
フランス語併用表記だったり、なかなかおもしろい!しかも、料理
はうまいし、そして、私が行ってみたかった泣く子はもっと泣くという
あの”タバスコ”工場があるんですよ。
それって、文句ないじゃないですか?
でもですよ。こういう場合は文句もでますって!
旦那にも激怒しますって!
どうにもならないけど、なじりますってぇ〜!
だって。だって。だって。

工場閉まってたんだもん!
売店も窓から寂しく見るだけだったんだもん!


まったく、すべてが”もん!”ですよ。
ま。そんなわけで、報告終〜了☆うふっ。
って、それで終了すると申し訳ないので、せめて情けでとらせてもら
ったゲートの写真だけでもどうぞ☆




ちなみにゲートのおっちゃんが気の毒に思ったのか、記念品ような
のかしらないけど、ちょぉぉぉぉぉ小さい小指サイズくらいのタバスコ
を2本くれましたぁ〜。もっとくれぇ〜。おやじぃ〜。もっとくれぇ〜。
って、半分目が血走ってたと思う。
それくらいここは周りに何もなかったんですよ。
土産となる思い出もお土産もね・・・
あ〜忘れてた。あった。あった。
1個所だけタバスコ工場の隣に素敵な素敵なすってきな
”ジャングル・ガーデン”が☆
さっそく、GO〜!
って、おっといけない。行く前の恒例のわがバイブル
”地球の歩き方”ちぇ〜く☆

どれどれ。
”タバスコ工場に来たついでに時間があったら立ち寄って
みれば、という程度”


だって。
わぉ。さっすがわがバイブル!
人が立ち直れないくらいがっくりしてる時にムチうってくれるもん
だぜっ。時に厳しく。時にはやさしく。
そう。それが我がバイブルのすごいと・こ・ろ♪

で、結果。
バイブルは正しい!ワニがいるらしいが、はっきり言ってここに
はいないと思う。フェイクだ。フェイク!!
池も藻が大変なことになってて、見れたのは逃げ場を失った
カメだけだった。カメよ。おまえも逃げ場を失ったか。私もだよ。。
メンフィス◆撻謄優掘悉】


【写真はキング牧師が狙撃されたモーテル(現博物館)。
キング牧師が泊まっていた306号室には花輪がかかげ
てあります。彼はちょうど花輪があるあたりで撃たれたよう
です。】


今日、こちらはマーチンルーサーキングデーということで祝日です。
あ。先に言っておきますが、今日は真面目です。
いやいや。今日真面目です☆
話戻しますが、
マーチンルーサーキングって?って思われる方も、聞いたことある
けど誰?って方もいらっしゃると思いますが、”I have a dream!”
って演説ならちょっとは聞いたことがあるのでは。
彼は黒人解放運動のリーダー的存在として活動されていた方です。
アメリカの歴史を大きく変えた方といって間違いないと思います。
そんな彼。このメンフィスで活動中にモーテルの廊下で狙撃され
殺されました。
そのモーテルが現在”National Civil Rights Museum”
として保存されています。

この博物館。個人的な感想ですが、本当にすばらしいと思います。
決して彼の活動だけを紹介しているのではなく、今まで彼以前にも、
以後にもさまざまな軋轢にもたえこの活動に全て、本当に命をか
けてきた人たちを丁寧に紹介しています。
また国立っていうのがいいっ!
アメリカの人種差別は本当に長い、そして今だに続く深刻な問題
です。今ではそういう問題があるってことを認識している私たち
ですが、当時は当然そんな意識はあまりないわけです。そんな
状況下で、自分達の存在を主張するというこのような活動を初め
に起こすことが、いかに大変だったかということ、そして、そうせず
にはいられなかった環境というもの。ほんの一部だとは思います
が、惜しみなくここでは紹介されています。
映像は勿論、「Colored(有色人種)用」「White専用」などの
当時の露骨に差別された案内板。処理場のようなところで、黒人
の作業員が「I'm a men」という札をさげて警察とむきあっている
姿などすべてが私には認識をこえた衝撃でした。
興味深かったのは、バス不乗運動のきっかけとなったモントゴメ
リーでのバス事件の再現。実際にバスが展示されており、白人の
エリアに誰かが実際に座ると音声が流れ、”そこをどけ!”などと
いう車内放送が入り、黒人がどういう扱いを実際にうけたのかと
いう体験というのでしょうか、そういったことができます。
他にもKKKの活動内容など、時代背景などもふまえながら紹介
されており、わかりやすいものとなっています。

他にも実際に彼が射殺された現場を窓からですが、見学するこ
とができ、彼の泊まったモーテルの室内も紹介されています。
彼は向かいの建物のお風呂場から狙撃されたといわれていま
すが、実際は草むらからだったとの説もあるとのこと。また狙撃犯
は後にヨーロッパで逮捕されるのですが、背後にどうも支援して
いた人がいたようですが、今だ正確なことはJ.F.ケネディ事件
同様闇の中のようです。

先日旦那の友達から聞いたのですが、まだまだアメリカには
今だ黒人と白人の居住地域が明らかにわかれてる地域が当
り前にあり、何よりもこのマーチンルーサーキングデーをつい
この間まで認めていなかった州もあるとか。
州でですよ!しかも、祝日を採用したはいいけど、当時の
白人至上主義者だった指導者の名前をかわりに使って、祝日
としているらしいです。
なんとも悲しいお話です。

博物館では最後に彼の演説のビデオが見れるのですが、
やはりあの歴史に残るあの演説シーンは実に感動的であり、
涙ものです!この英語のよくわかっていない私ですら、本当
にぐっとくる力強い演説でした。
まだまだ州としてもこの黒人解放運動を認められていない
現状ではありますが、キング牧師だけでなく多くの人が願う
この夢が早くかなう日がくるといいと願ってやみません。

余談ですが、先週のサタデーナイトライブで、黒人さんが
今日はマーティンルーサーキングデーだから仕事をしない
ぜっなんていうギャグをとばしてました。
やっぱサタデーナイトライブはキリコミ口がすごいっ!
メンフィス 撻謄優掘悉】
先日訪れたメンフィス。
とはいえ、きっとみなさん、メンフィスどこ?テネシー州どこ?
ま。いっか。なんて思われると思います。
え〜

そ〜はいきませんっ!!!!
し〜っかり把握お願いします!!


ま〜きっと、このインディアナもかぎりなく知られてないと思うので、
今日のブログは親切に地図付にしてみました。
絶対にインディアナの場所もご確認ください☆


ちなみにテネシーは色をつけてあります。
赤いところがメンフィスです。
で、世界で一番素敵で天国に一番近い島と言われているコーン
王国は、その二つ上♪”Indiana”って書いてありますでしょ?
そこです。そ・こ。
きっと生きる上でまったく役に立たない知識だと思いますが、
でも街を歩いてですね。
いきなり「ね〜ね〜。インディアナってどこだか知ってる?」なんて
きかれて、そこから素敵な出会いがはじまるなんてことも考えら
れなくないわけですよ。だ・か・ら、

知っておいてくださいっ☆インディアナ! 


で、話戻して、メンフィス☆(忘れてたっ)
街に入ってきて、あらあら、どうしたのおまえさん?
そんなに自分を主張したかったの?
っていうのが、こ・れ!



なんかの宗教かと一瞬心配になってしまうくらい、巨大で異様。
そして、名前がまたいいっ!
その名も「ザ・ピラミッド」☆・・・
最高に素敵すぎですって。
で、この建物の正体はというとですね。え〜体育館です。これ。
バスケやコンベンション等で使われてるみたいですけどね。
まったく、なぜこの外見に・・という奇抜さです。

でも、このメンフィス。多少奇抜でも許せてしまう。
なんでかって、やっぱりここメンフィスはブルースの発祥地として知
られており、その代表としてエルビスプレスリーがいるんですか・ら。
あの彼の奇抜な衣装もマッチしてしまうこの街。
魅力であふれてます。
あ。ちなみにあの忌野清志郎はここの名誉市民!
これはタイマーズを知ってる私くらいにしか、知らなくってもいい
情報かもしれないけど。。
エルビスじたいはここから少し郊外にあるグレースランドというところ
で一生をおえています。邸宅が一般に公開されているそうなので
興味がある方はそちらもどうぞ。

メンフィスダウンタウンはこじんまりとしてるんですけど、一角に
ある”ビール通り”は夜は相当のニギヤカさを見せてました☆
このビール通り、ニューオリンズまではいかないけど、ストリート
中にブルースがあふれているんですよ!私らは、B.B.キングが
経営しているブルースバーに入ったんですけど、これが素人の
私にもとってもいいっ!飛び入りなどもあったが、最高に素敵で
した〜☆あ。ちなみにこれはビール通りの写真。



人が閑散としてるけど、これはバスケ前にとったのでまだ時間が
早かっただけですので、あしからず〜。
ほんと、だましてませんってぇ。
自宅にて【インディアナ州】


【写真は、マーティンルーサーキングJrが暗殺された
ローレイン・モーテルここは現在公民権運動博物館として
公開されています】

帰りたくないな〜と思ってはいても、旅には終わりがあるものです。
寒いところなんて絶対いやだ〜と思ってはいても、インディナアは
寒いわけです。絶対やせてやる〜と思ってはいても、自然にご飯
もりもり食べちゃうわけです。体調良くなかったら部屋で休んでて
もいいよっていう優しい言葉を私にかけつつ、ゲーム試合開始2時
間前になると、その言葉も忘れていそいそ出かける準備をしちゃっ
てるバスケ馬鹿旦那がいるわけです。
たしかに”どうしようもないもの”ってあると思うんですよ。
それは認めます。
ですがね。どうしようもないっていう説明だけで納得できないもの
もあるんですよ。
例えば。旅行中ずっと車につみっぱなしだった

バスケットボールとか!!!!!!!

ボールは友達だから、仕方ないだろってさ。
だから、なんなんだと。
名前はなんていうんだと。
一度でも部屋に招き入れたことがあったのかと。
出かける時うちの駐車場でひとつき、どっかでトランクあけた
とき、ひとつき、そして、戻ってきてまた駐車場でひとつき。
これが友達で・す・か?

ま〜そんな気持ちも処理できないままですが、
今、無事到着しました。
今日はマーティンルーサーキングJrが実際殺害された現場が
博物館になっている公民権博物館にいってきました。
いや〜。先日のダラスに続く感動。
本当にいい博物館でした。
バスの不乗運動のきっかけとなった事件を実際再現してあっ
たり、キングJrだけでなく、市民権運動に動いてきた人の様々
な紹介がありました。
いや〜。思い出しても胸があつくなります。
私のすんでる街は聞いたところによると、以前KKKの活動が
活発だったこともあり現在でもあまり黒人さんを見かけること
がありません。そんなこともあるせいか今までこうした問題を
深く考えることがアメリカ生活においてあまりありませんでし
たが、これをきっかけに学んでいきたいと思います。

な〜んて。
真面目な感想を述べてみましたが、この博物館に関しても
また後日アップしますね。
ではでは。
はぁ〜。やっぱ、そうはいっても、家は落ち着きます☆