たくさんブログがある中、ここへ遊びにきてくれて
本当に有難うございます♪ この偶然に感謝!
2016年8月に再びNYに戻ってきました〜。現在長女と発達障害がある息子とEastchester で生活中!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ビーチ物語 【プエルト・リコ】
ほんとお休みってあっという間に過ぎちゃうもんですよね!
なんだかんだいって、明日この素敵なプエルト・リコ旅行も終了。
同時に2週間の旦那の休暇も終了することなります。
あ〜本当に終わってほしくない。
このまま永遠に瞬間(トキ)が止まればいいのに。。
本当にこの時間(トキ)が愛しい。。
この食事(トキ)も、この睡眠(トキ)も、この賭事(トキ)も・・
どれ一つとして失いたくない!
かんばぁぁぁく まい ぷれしゃすたいむぅぅぅ〜♡♡♡
は〜い、今日も見事にお馬鹿さん♪
ちなみに今、NYCは軽い雪が降ってるとか。。
UP Stateの方は結構すごいみたいだし、とにかくトキが止めら
れない以上、明日の飛行機が遅れない事だけを今は祈ってます!!
だってだって、明日は到着後すぐにバレーの試合に向かわないといけ
ないんだもん♪キャップは本当に忙しいのだっ!

ま、そんなわけでね。
プエルトリコ食事物語はそのうちノンビリアップしていきたいとは
思うんだけど、とりあえずビーチでの人間ウォッチング報告だけ
でもしときます。
それにしてもビーチっていろんな人間がいて、まじで楽しかった♪

まずはビーチの定番であろう。
ナ・ン・パ♡



最初は話術から入り、スキンシップ、最終アイテムはPCをビーチ
にもってきて音楽を一緒に楽しみ、海へ誘い、その後写真を一緒に
とって無事任務成功した彼。
その努力は炎天下の元本当に長く、涙もんだった☆
そして手前にはどうやってもナンパ成功しそうにない
オヤジがひとり。。Namida

でもそんな欲望ばかりがうずまいてるだけではないのが、
ビーチの素敵なと・こ・ろ♪



ビーチではしゃぐ家族♡
本当に素敵過ぎっ♪
ってか、子供二人いてこんなスタイル保てるママにも感動っ!ソレッ?
ま、とにかく絵に描いたようなビーチシーンで、
やらせ疑惑すらでましたからっ!



そしてワンコとたわむれる少年♡
うん。例えこのビーチがワンコ禁止だったはずだったとしても、そんなもの
この少年とワンコの仲を見たら誰も文句いえないよ。
いや〜ほんとかわいかった。夢中で見ちゃいま・し・た♪


それにしても本当にビーチっていうのはまさに人生を物語るステージ。
恋もあれば、愛もある。
別れもあれば、出会いもある。
人はこのビーチで何を想い、何を感じてゆくのだろう。
って、そのどれにも当てはまらない人種もいるという事を
みんな、忘れてはいけない。
そう。わが道をいつもどこでも突き進むあの人種。








デブ&おばちゃん♡

心から思うけど、デブとおばちゃんが合体すると本当に最強だと思う。
誰よりもビーチ近くで陣取りたかったその気持ちはあっぱれ。
誰よりも効率良く、最小エネルギーでビーチを楽しみたかった
その気持ちはあっぱれ。
これなら誰よりも早く思いたった時にビーチに入れ、
かつ寝ることも可能なのだ。
本当にデブは頭がいい。
本当におばちゃんは頭がいいっ。
うん。誰よりもそう思いましたからっ!!

それにしても本当にこのおばちゃんは頑固。
だんだん潮が満ちてきているのに、まったく動じることはない。



お子さんの熱い説得にもまったく耳を傾けることなく、
むしろ他の家族も呼び寄せようとしてましたからっ!!
世界はおばちゃん中心で今後も回っていくだろう。
うん。そう強く確信した絶望(トキ)だったプエルトリコビーチ物語。
これにて終了♪
コンガリ丸焼きっ! 【プエルト・リコ】
どもぉ〜!
いや〜つくづく私らって体力あるよな〜と感心してしまうんですけど、
昨日からカリブ海にある島、プエルト・リコに来ています♡
プエルトリコってどこだよ?って思ったあなたっ!
うん。うん。わかる。わかる。その気持ち。
私もTVCMに踊らされて行く気満々になっただけだったから、
全然場所を知らなかったんですよね〜♪
じゃあ、さっそく一緒に地図で場所を確認してみよう〜♡ オォ〜!!!←バカ



以前行ったベリーズとほぼ同じ緯度かな。
NYから直行便で3時間ちょっとくらいなんですが、なんとここってば
カリブ海に浮かぶアメリカ自治領なのです!
うん。まさに「ここアメリカ?!日記」にふさわしい場所といえましょう♪
ま、そんなわけでね。
パスポートいらずで極楽ビーチ体験しちゃってま〜す♡
うん。最初にいっとくけど
今日は「♡」とか「♪」が全開ですからっ!!モッテケドロボー!

こちらに来て特に感じてること!
ちょっとかなり言う事おっさん臭くなるけどさぁ〜。
やっぱいいよ。「あったかい」ってさ♪
人もあったかいし、気温もあったかい。
自然と自分も解放的になるし、笑顔でいられるしね♡
それに比べたら、なんですか!先日の極寒スキー合宿はっ!!!
寒さでとにかく下向きガチだし、鼻水垂れるし、口数も減るしさ〜。
私の場合は持病の膝痛があるから、寒さでめっちゃ痛むし、それを
カバーして滑ってると今度モモも痛くなってくるし、そんでもって同時
に腰まで痛くなるしで、もうボロボロ!
って、ばーさんトーク??
ま、いいよ。もうそんな過去の悲しい記憶は忘れた。
だって、だって、だってプエルトリコ最高なんだもん♡モン♪モン♪モン♪←エコー



確かにベリーズよりはリゾート地化がすごい。
ビーチもそこまで綺麗とはいえない。
でもあんな極寒合宿をしてきた身としては、もう何もしたくないと気持ちで
いっぱいになってるわけで、このリゾート地化がむしろありがたいく・ら・い♪
とにかくビーチで、寝て〜。起きて〜。本読んで〜。音楽聴いて〜。
また寝て〜。ネットして〜。テレビみて〜。ご飯食べて〜。寝て〜。
あれ、普段の私の生活そのものじゃん・・・エヘッ♡

な〜んてご機嫌に言ってる場合じゃなぁぁぁい!
ビーチ。それは人間を本当にダメにする。
あ、ピナコラーダもかなり私てきには人間ダメ子にさせるけ・ど♡
もう、1度寝っころがったら、1ミリたりとも動きたくない♪
とにかく警戒心とか注意力とか将来の展望とか人生の生きる意味とか
女としての美貌とか、もうそんな事この宇宙という広い視野で考えたら
チッポケなもんで、もうどうでもいいや〜みたいな気持ちにさせる。
本当に危険だ。
ま、そんなわけでね。
グッスリビーチでおねんねしてたら、もう焼けまくりっ!!!!!
あ〜この痛みは何?
焼ける。焼ける。愛の炎がやけつくすぅぅぅぅ〜!!イミフメイ。
とにかく足元炎上!肩も大炎上!!! Namida。
しかし、私なんてまだいいほうだよ!
ダメダメ度合いで言うなら、ニコチャン大魔王くらいなもんですよ。
うん。そうなんだよ。
私の隣で同じように寝てた旦那。
やっぱバカ。
頭かくして尻隠さずって言葉があるけど、やつは大事なマルコメ頭に
サンオイルを塗るのを忘れたため、髪の毛が見事に炎上ですっ!!!
って、髪の毛なかったや。
うん。頭皮炎上ですっ!!!!
さっきからずっと「頭がいたい。頭がいたい。頭がやけるぅぅぅ」とモダエ中。
なんか頭に両手をあてて、ブンブンしてるから、
ちょっと売れないロッカーちっく。
それにしても髪の毛ってこういう時大切だなってマジ思った。
私は勿論ぬってないけど、全然痛くもないし!アシトカイタイケド・・
たぶん数日後にやつの頭皮が見事にむけてくると思うんだけど、
きっと他に人から見たら「あ、猛烈フケ男じゃん・・・」とか
思われるに違いな〜し!
さらにいうなら、今回のダメージで数少ない彼の貴重な毛根が
さらなるダメージをうけた事もいなめない!
あんなに頑張って生えようとしてたのに。。
かわいそう。毛根くん。Namida。

なんにしても、ビーチは楽しいよっ!!
もっともっとダメ人間になりたいっ♡
もっともっとダメ人間にさせてくださいっ♡
うん。そう思わされる場所だったりします。
ではでは。またぁ〜!あでぃお〜す☆
親善大使☆【サン・ペドロ/ベリーズ】
もうね。私のことを今日からベリーズ親善大使と呼んでください。
こんなにベリーズを語る女がかつていたでしょうか?
今まで読んで下さった皆さん、本当に有難うございます!
もう皆さん、すでにお腹いっぱいでなんの興味もないっなんて
ことになってやしないかと少々心配なんですけどね・・・
今日は一応最終回の予定ですので、お腹いっぱいながらデザ
ートは別バラなんていう感じでね。
なんとか読んで頂ければ幸いですっ☆

サン・ペドロはまだまだ素朴っていう話を前ブログで話しました
けど、そんな素朴さに触れるたびになんとかならないもんなの
かしら〜なんて思ってたんですけど、一番思ったのはですね。
このサンペドロ、川が結構流れてるわけなんですけど、

橋がないんですよ〜

じゃあ、どうやって渡るかっていうとですね。
「橋渡し」っていうんですかね。

あれが設けられてるんでね。それを使って渡らないとならな
いんです。もちろん有料!しかも、結構高いっ!!!
橋台がくるまで、川岸でカートに乗って待ってるわけなんです
けど、なんせ小さな台なのです。
カートだと最大3台しか乗れないくらいのやつなんですけど
地元の自転車連中が順番もかまわず、がんがん横は入り
してくるわけでまったく進みません。仕事終わりの時間なんか
にうっかりいっちゃった日にはおまえらぁ〜!と言いたくなっ
ちゃうくらい。どうかすると、橋渡し作業が始まってるっていう
のに、自転車かついで飛び乗っちゃいますからね。
みんな、「自分、自分」ってやつになっちゃうんですよね。
こっちは、きぃ〜!!!ってやつですよ。

ま〜その現場をご覧下さい↓



こちらは、出発直前の現場。
もうね。自転車連中がおれ、おれ状態で入ってきます。


で、出発。



このオレオレ連中の人数見て下さいよっ!
多すぎですからっ!!
結局カートは1台しか乗れず。大渋滞。ふぅ。
でも、一番気の毒なのは、

橋渡しの方ですから!!!!

見えますからね。この綱が!!
もうね。毎回2人でこの綱を引っ張って橋を渡すんですよ。
人力ですよ。人力!!!!
橋台はこの通りめちゃめちゃ人が乗ってるわけで、
風上にいこうとした日にゃ〜大変なんですよ。
その姿はほんと綱引き選手権に出てみます?って
声かけずにはいられない感じ。
これを一日やってると思うと、ほんとなんとかならないのか?
って気にならずにいられませんでした。

そんなわけで、ベリーズ報告はこれにて終了☆
ビザとってまで乗り込んだベリーズでしたけど、なかなか
できない経験もできたし、今回の旅も楽しかったです☆
やっぱ、旅って面白いね!
今度はどこ行くかな。って日本か?!
素朴な天使☆【サン・ペドロ/ベリーズ】


私たちが滞在したサン・ペドロはホテルなんてもんはない
エリアなんで、今回はビラみたいなところに泊まりました。
街も素朴って表現であってるのかわかりませんが、滞在中
停電や断水なんかもあったりして結構ドキドキ♪特に断水☆
以前のトイレットペーパー枯渇騒ぎ以来の緊張でした。
ところで、ベリーズはもちろんトイレの紙は流せません。
横にあるバケツにポイッ!
これって身内で行った時ってすごい恥ずかしいんですよね〜。
カンクンの時もホテル以外はこんな感じでしたけど、ま〜
所詮見られても知らない人だしってことで気軽だった分、
今回は「嫌〜っ!!」て気持ちがなくはなかった
です。なんかフタくらい欲しかったかも。(って贅沢だね)

道路も勿論こんな感じ↓



ここを私らは、ゴルフのカートをちょっと広くしたみたいなの
で移動します。
この写真は市内をちょっとでたところなんですけど、この通りの
デッコボコ道なもんで乗ってるほうはお尻が痛い痛いっ!
しかも、バウンドするとうっかり頭ぶつけそうになるもんで、
結構怖いものがありました。

ところでこの街では、チャリとこのカートが移動手段としては
メイン。逆に自動車っていうのが珍しかったくらいでした。
で、このカート。
一応自動車の部類に入るみたいで、カートが運転できて
ればそれこそインターナショナルライセンスもとれるんだって。
結構海外で運転してる人が多いらしい。
ゴルフカートしか運転できない人が、なんで自動車運転でき
るんじゃ〜。こわいっ!!!怖すぎる!!!

そんな暴力に近い運転をしてる現地の皆さん。
市内なんかは道が細いにもかかわらず、色んなところから
すごいスピードでカートが飛び出してくるもんで、ほんと凶器
化してました。ゴルフカートを転がすなら、せめてゴルフの
紳士的マナーくらいは学んで欲しいもんです。

ま。そんなわけで観光客には恐るべしの道路環境なわけ
ですけど、そんな中でね。
素敵な天使ちゃんを見つけちゃいま・し・た☆☆
って、ほんとエロオヤジ的な発言、すみません。




うーん。か・わ・ゆ・いっ☆


ってさ。



旦那!うすめの頭が
相当邪魔!!!!!

楽園での過ごし方!【ベリーズ】
ほんとにね。。もう、しつこいって言われてもいいですっ!
わかってます。なんせ、蠍座ですからっ。
話なげ〜よって言われてもいいですっ!
わかってます。なんせ、カタリベですからっ。
というわけでぇ。
まだまだハイテンションの自分、他人の気持ちも感ずることな
く突き進みますよ〜。
はい。続ベリーズ旅行記☆

ブルーホールを後にはしつつ、その後のダイビングでかなり
回復。しかしダイビング終了後、海から船にあがる直前、激
しい波に酔わされ、撃沈した私でしたが、半死状態ながらも、
昼食をとるために近くの小島に上陸しました。
上陸するまではね。そんな景色を見る余裕もあんまりなかっ
たですけど、
いや〜ここね。
まさに小さな島だったんですけど、文字通りの楽園ビーチ
で感動でした☆
もうね。なんかヤシの木がもっさり生えてて(モッサリって
表現お嫌っ??)砂もちょぉぉ綺麗っ♪
なによりも汚れてない清らかな感じが、おばさん心をくすぐ
りましたよっ。

この島ですね。
外海と内海にはさまれた場所に位置しているため、一方は
外海の濃い青。一方は内海の綺麗なエメラルドグリーンが
見えるという贅沢極まりない場所だったんですよね〜
うーん。もっと若かったら、写真集撮影会でもしてもいいって感じ。
それくらい、開放的な気分にさせてくれるところでした♪
(単に苦しい船酔いだったので、無事ついた事ですべてが
素敵に見えたという噂もなくはないんだけどねっ)
実にスガスガシイっ!!!
そんなわけで昼食後、ビーチでゴロ〜ン☆
日焼けなんか、気もしません。
なんせ、開放的になってますか・ら♪


こんな風景を見ては、だぁらりんこぉ〜☆ 




こんな風景を見ては、だぁらりんこぉ〜☆ 






こんな風景を見ては・・・・






オヤジどもは
どっか行ってろっ!!!!


さらば!ブルーホール【ベリーズ】
もうね。タイトル通りですよ。
殺意を抱きつつ、さらばっ!!!
あ〜さみしかとです。

とはいえ、この後別のダイブスポットへ行って2ポイントほど
潜ってきました〜♪(あ。こちらはOKだったのです♪)
海の中はほんとすごい世界☆
めちゃ綺麗だし!!
いろんな種類の珊瑚が太陽の光に反射してとっても綺麗だし。
でっかいエイも優雅なもんだし。
珊瑚の周りの色とりどりの魚ちゃん達がいて、とってもかわい
かったし。でも、それ以上に地形がすごかった。
透明度があったせいもありますけど、壮大なものがありました。
ほんと海って神秘だわ。

で、そんな感動につつまれながらダイビングを終えて船に
戻ってきたんですけどね。
そんな大満足も束の間、海上から上がる時になって、
またしてもヤツラがきたんですよ!
ヤツラってヤツラです!!
船酔いですよっ!奥さん。
つ・・・つらいっ。

なんとか船にはあがったものの、うげぇ〜きもいぃ〜。
酔い止めバンドはずすんじゃなかったよ。
半死で船でひっくり返った私。
まさに車に轢かれたカエル状態。
ほんと苦しかったです。
でね。
呼吸も荒いながら、ふと、後ろをみたらですね。





こんな素敵なカップルさんが
二人の時間を楽しんでましたからっ!!!


え〜とね。

後ろから蹴っていいですか???

自分、ほんと邪魔してやりたいくらい、気持ち悪かったんで。
人の幸せがひどくあの時憎かったんで。
なんで自分だけ、こんなに気持ち悪いのかって、
ぶつけようのない怒りでいっぱいだったんで。

と〜か言って、気持ち悪さに動けもしなかったんだけどね。
ついにブルーホールへ【ベリーズ】
途中地獄絵図を見ながら、2時間という世界中で一番とてつもなく
長く感じたであろう時間を過ごした私たち。
ようやくブルーホールにとうちゃ〜〜く☆
こんな経験を共有すると、感動もヒトシオなのは勿論なんです
けど、ある種奇妙な一体感さえ生まれます。
あ〜ほんとあの時は感動しましたっ!!!
でもね。
ここで、私、すごい事に気付いちゃったんですよっ。

これ↓。
ブルーホールです。




で、これ↓。
私が見たブルーホール。



ぜんぜんブルーホールだって、
わからねぇ〜!!!


上空写真で見ると全体像がわかりますけど、実際、予想以上
にでかかったんですよ。ここ!!なんで、ほとんど全体像が
わからないという事態発生!
ま〜ね。
2時間かけてモマレてから、そんなこと気付くなと。
地獄絵図を見てから、そんなこと気付くなと。
考えれば気付きそうなもんだろと。

つ・・つれぇ〜


しばらく落ち込みましたが、ま〜海の下はすごい景色に
違いな〜し♪もともとブルーホールはダイビングスポットな
わけだし、目玉は海の下のは・ず☆
気をとりなおしてGO!!!
わくわく、ドキドキ。

って、思ったらまたハプニング!!
私らね。

もぐれないんだって。

免許ないから。
でも、昨日別のところ潜っちゃったんですけど。。
結局地獄の2時間かけたのに、肝心のブルーホールは
シュノーケリング決っ〜定。
海の下っていうより、海の表面をなめてろってことで。

もうね。こうなると、ブータレシュノーケリングですよっ。
上からダイビング連中を見てるむなしさ。
おまえら、一生あがってくんな!!
心の底から(あ。上から)そう叫んでましたよ。
もちろん、さっき生まれた一体感なんでもんはすでにある
わけありません♪
ダイブ終わって戻ってきた彼らのかるーい興奮ね。
もうね。私の中で殺意、生まれましたから!!

ちなみに、ブルーホールは深さ125m、直径300m。
鍾乳洞のような洞窟があり、そちらも楽しむことができ
るんだって。(知人談)
私はできなかったんですけ・ど。(完全にスネテマス)

ふぅ。


つ。。つれぇ〜


ブルーホールへの道のり【ベリーズ】
あほなビーチ写真を紹介してしまいましたが、今回の目的はなん
だったのかってことを忘れてました。
そう!ブルーホールですよ☆ブルーホール☆
いかん。いかん。

みなさま。
再度ご紹介いたしますが、こちらがベリーズで有名なダイビング
スポット”ブルーホール”
う〜ん。いつ見てもこの美しさ、素晴らしいっ!
マチュピチュ並みにひかれます。




しか〜し
ここまでの道のりは相当長く苦しいものでした。
なんせ、船で2時間かかりますからっ!!!
もうね。もうね。
ほんとすごかった。

なにがって・・あれですよ。あ・れ☆


内海のところはま〜そんなに酷くもなかったんですよ。
こんな↓感じで海もきれいだしね。
わりと皆なワキアイアイって感じでね。
私もこうやって、写真なんかとってるくらいですから☆




ところがですね。外海にでたとたんですよ。
もう揺れる。揺れる!!!揺れるぅ〜〜〜!!!
ほんと船内シーン・・・みたいな。
ものすごい沈黙。
みんな、きてま・し・た☆
なんか蟹工船をふっと思い出してしまったこの私。
ふと見ると、隣の旦那も相当きてる。もういつキテモおかしく
なくらい。ひたすらブツブツ言ってるんでなんだろって耳を
近づけてみたら
「たのむ、揺れないでくれ」
だって。
無理だって・・。

って、そうこうしてたら、一人女の子が船内に設置して
あったバケツにとびつく!
し〜かし、間に合わず、バケツ手前でドバッ〜。。

いやぁ〜〜〜!!!!!!!!!!! 

もうね。見てるだけで、やばいですよ。あれは。
ここは新宿コマ劇前?それとも栄通り??みたいな。
まさに明日はわがみ。
ますます船内に緊張が走ります。

女の子はもう彼氏の前でそんなソソウを見せて恥ずかしい
のもあり、でもそんな事も言ってられない状態が続いてるわ
けで、なかば放心状態。
でも、誰も助けられないんですよ。
なんせ彼氏もきてたみたいでちょっと声かけたのみ。
あれはきっとポイントダウンだったに違いない。うん。
ま。とはいっても、船はものすごい揺れまくりで、もう人のこ
となんかかまってられない
状態。彼氏の気持ちもわからないでもないって感じでした。

そうこうしてたら、アシスタントの陽気なおにーちゃんが登場!
ほんと、こういう人はぜんぜん大丈夫なのね。っていうくらい
のハイテンション。
頼むから、話し掛けないでくれって感じなのにさ。
で、その陽気な彼。
皆との会話もいまいちなので、彼女のソソウを片付けはじめ
たんですよね。(早く片付けろって話なんですけどね)
どうやら設置してあったバケツに海水をいれて流してあげよ
うと思ったみたい。やおら、バケツを手にとって、ボートのふち
からそれを外にかかげた彼。

ところが、ここでハプニング!!
ま〜頭の言い方はおわかりだと思いますが、
外はすごい波なわけですよ。
で、ボートは一応かなりのスピードで進んでるわけ。
で、そんな状態でバケツに海水をいれようとするわけですよね。
当然すごい勢いでバケツの中に海水が入ってくるじゃないですか。
でね。
いっちゃった。

貴重なバケツがはるか彼方にいっちゃったんですよぉ〜

こらぁ〜〜!!!!!
なにしてんじゃぁ〜〜〜!!!

その瞬間だけでしたよ。
ほぼ全員が「OH!!!!!!!」って言ったのは。
その後は沈黙。。
緊張ワールドが再結成となりました。

その後は私の知り合いも海へ直接放出。
もうダイビング100回以上やってる人なのにぃ〜。
もう見てるだけで、ショックな光景。
あとは続々ですよ。
まさに地獄絵図。
そんなわけで、クルーザーの一番後ろは大混雑となりました。
ますます揺れるってぇ〜!!

そんな中、ちょっぉぉぉ三半規管の悪いこの私。
なんせカンクンでのシュノーケリングでもやられたくらいです
からね。あのメンバーでおそらく当確の切込隊員となるはず
だった私なんですけどね。
これ、意外。
ぜ〜んぜん大丈夫だったんですよ☆
勿論、酔い止めも飲んでたんですけどね。
そんなもん、周りの人も飲んでたし。
で、私を救ってくれたのはどうやらこれ↓らしい!!



出発直前に藁にもすがる思いでやったんやつなんですけどね。
このバンドについてる突起ものがなんかツボを刺激するみた
いなんですよね。両手首にやれって書いてあったんですけど、
それだけで快適生活でした☆
なんせ、これだけ冷静に皆を見れたしね。
ものすごく楽しめた船旅で・し・た♪
って、ブルーホールまでの道のりは、ある意味長し。
続きます。
続きはコチラ
ビーチの楽しみ方【サン・ペドロ/ベリーズ】
前回のブログにも書きましたが、ここサン・ペドロは桟橋の大行列
のため、ビーチで遊ぶなんていうことができなかったのですが、
少々探ってみると空港の近くは確かに観光客がいるせいかダイブ
やシュノーケリングの為のボートを停泊する桟橋まみれですが、
北部のほうにいくと人もまばらになるせいか、それもなくなってい
ました。
で・も☆
やっぱり波うち際は微妙な藻のようなものが生息しており、
ビーチという感じではないのですよね〜。ふ〜残念。

そんな中、地図上ビーチとして表現されているところでの
風景を今日はご紹介!
といっても、や〜〜っぱり水着の肩紐も全部落として今日は
焼きまくりたいの☆な〜んていう中米美女が寝そべってるこ
ともなく、いるのは主に子供とわんこのみ。
見れる光景といったら・・

こ〜んなワンコの井戸端会議や〜




あまりの暑さにおもわず水浴びをし、
パパラッチされた中米美女ワンコや〜








そして、暑さにやられ壊れる夫。31歳。一部ハゲ手前。







すいません。
やっぱ誰か、海に沈めて頂けませんか?
ビーチの解釈【サン・ペドロ/ベリーズ】


ビーチって人によって解釈って違うんでしょうか?
私ってば、ビーチリゾートに行くと聞いて、まず真っ先に真っ白
な砂がどこまでも広がってて、海は遠浅、波うち際の砂に自分
の名前を書いたらあらら、うっかり波で流されちゃったよ。
あははっ〜っていうのを想像してたんですよ。(どんなだよっ)
カンクンでもまさにそんなイメージ通りな感じだったし☆
な〜の〜に。
このサンペドロのビーチはちょぉぉぉ〜〜と違います。

桟橋が多すぎなんですよ、ここっ!!!

なんで、どこまでも続く白浜とかでなくって、どこまでも続く桟橋
って感じなのですっ。
はっきり言って写真とるには、桟橋が邪魔!!
上の写真は桟橋の中に唯一まぎれてた展望エリア的なものか
しらん。(写真がなんか何回取り込んでも汚いのですみませ
ん。クリックをしてもらえれば綺麗にでてきますのでご覧下さい♪)
いずれにしても、陸上のハードルのように次から次へと桟橋が
並んでるんですよね。
おまけに、汚くは決してないんですけど水ぎわは藻のようなも
のが生息しており、とにかく、砂に文字を書いてあははっ〜な
んて戯言はできないんですよ。
遠浅は遠浅なんですけどね。
な、もんで藻が生息してない純粋な砂浜エリア自体がすごい
少ないので、波うち際で寝っころがって、全身焼いてるうふふな
南米美女とか、そんな人は一切ないのです!!!
ちょっとオヤジ疑惑が相当でてる私なんですけど、そういう美し
い姿がビーチで見られないのはとっても残念じゃないですか。
こっちは貧乳おばさんアジア人なわけだし。
美しいものがみたい!!!
そう願ってやまないわけですよ。
ま〜願いむなしく、見えるのは美しい桟橋のみ。
でも、お腹いっぱいみたいな。
ほんとここは純粋に潜るために用意されたようなリゾート地
のようです。はいっ。

じゃあ、この特殊ビーチで楽しめることってなんだよ!
ってことになるんですけどね。
うーん。旦那はこ〜〜んなふうに遊んでました〜☆







誰かやつを竜宮城に埋葬してくれっ!!!!!